平成27年度税制改正大綱を読む(5)

2015年01月27日

今回の税制改正大綱には、固定資産税について介護事業者にも影響のありそうな改正があります。

倒壊の危険があると自治体が判断した空家の土地の固定資産税は、6倍にするという改正です。

現在の固定資産税は、空家であっても住居が建っていれば、その土地の固定資産税は通常の1/6となる特例があります。そのため、オーナーさんは、収入を生まなくなったり、倒壊の危険がある空家であっても、固定資産税のことを考えると取り壊しを躊躇してしますのです。

しかしながら、全国にこういった理由で取り壊されない倒壊の危険の高い空き家が激増してしまったことから、政府としては固定資産税を利用して、こういった空家をなくそうということを考えています。

今後は、こういった空家の有効活用として、介護施設への転換を考えるオーナーさんが増えるでしょう。そういった意味で、介護事業者様には、新たなビジネスチャンスが発生まれるかもしれません。こういった情報は敏感に取り入れていくべきだと思います。何かのヒントにしてください。


« 前月へ  2022年08月  次月へ»

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お問い合わせ

税理士法人 横溝会計パートナーズ

〒185-0012
東京都国分寺市本町2-12-2
大樹生命国分寺ビル7F(国分寺駅から徒歩3分)
TEL:0120-268-074
FAX:042-327-4747

このページの先頭へ

税理士法人 横溝会計パートナーズ

0120-268-074
電話受付時間 月〜金9:00〜17:00